LETICIA CLINIC

マクロファージ活性化療法

マクロファージって何?

私が変わる1,000兆個の大革命!!腸内フローラ移植(ダイエット痩身)(美肌)(お通じ)(体質改善)

マクロファージとは、白血球の一種で体内をアメーバの様に移動しながら、体内に侵入した細菌やウイルス、アレルギー物質などの異物、体内で発生した変性物質を捕食して除去する役割を持った細胞です。 体の免疫システムは、各免疫細胞がそれぞれの役割を果たすことで正常に機能しています。 その中でもマクロファージは、臓器や筋肉、骨、皮膚などにある全身のマクロファージ同士で連携をとって全身の免疫細胞をコントロールする重要な役割(マク ロファージネットワーク)も担っています。 各免疫細胞が正常に機能しないと、外部から侵入してくる外敵に対しての抵抗力が弱まり、影響を受けやすくなります。 また、自身の正常な細胞や害の無い異物に対しても過剰に反応して、アレルギーやアトピー性皮膚炎などを起こす原因になります。

今マクロファージ活性化療法が注目されている理由

マクロファージ活性化療法は、マクロファージの働きを活発にするサイトカインを注入することで体の免疫システムを正常化して、ウイルスや細菌への抵抗力の強化、アレルギー物質への過剰な反応の抑制を目的とした治療です。 また、免疫細胞は体の不要になった老廃物の排出を助けて、新しい細胞の増殖を促すので体の内側から若さを保つ手助けをします。 健康な人でも体内では毎日、約5000個ものがん細胞が発生していると言われています。 このがん細胞は、マクロファージネットワークによってコントロールされた免疫細胞に排除されていますが、免疫機能が乱れて全て取り除くことが出来ないことがあると、生き残ったがん細胞がやがてがんの原因になります。 全身のマクロファージネットワークを活性化することで体の異常に対して速やかに対処できるようになり、様々な病気を予防する効果があります。

マクロファージは腸内フローラと密接に関係しています

食事から体に必要な栄養や水分を吸収する腸には体の免疫細胞の80%が集中しています。 その腸で育てられた免疫細胞が血液の流れに乗って全身に運ばれているからです。 免疫細胞の中には、外敵を攻撃するのではなく、他の免疫細胞による過剰な攻撃を抑える役割を持つものもあります。 免疫細胞が外敵に過剰に反応して、自身の細胞に対しても攻撃をすることで起こるアレルギーや自己免疫疾患は、攻撃を制御する免疫細胞が減少することが原因の一つになっています。 腸内フローラ移植で腸内環境を整えてより多くの免疫細胞を作る、その免疫細胞をマクロファージを活性化させることによって正常に機能させる、それぞれの治療の効果を最大限 に引き出すことが、いつまでも若々しく健康な体を保つことに繋がります。

ご愛用者様の声

  • 気づけば鏡を見て落ち込まなくなりました!

    年とともに肌がくすむ様になったので、色々高い化粧品など試してみたもののどれもいまいちで仕方ないのかなと諦めていました。 ここ数年病気がちなのもあってマクロファージ活性化療法をすすめられました。美容の効果は正直そこまで期待していなかったのですが、以前より体の調子が良くなってきた実感もありますし、 何よりお肌の調子が良くなったと思います。家事や仕事に追われて自分の手入れがおろそかになっていましたが、これを機にキープできるようにしていきたいと思います。

  • 体の調子がいいですね

    昔から季節の変わり目には必ずと言っていいほど風邪をひく体質でしたが、年々体力も衰えていく中このままではいけないと、体質改善できる方法を探している時にマクロファージ活性化療法に巡り会いました。 この治療を始めてから、前のようにすぐ体調を崩すことも少なくなりました。

マクロファージ活性化療法料金表

1回 100,000円
3回 270,000円
6回 510,000円

※ 表示は税抜価格です。

お電話でご予約
03-3538-3666
WEBからお問合せ

menu

お悩み部位別メニュー

二重
目の下
プチ整形