東京銀座のレティシアクリニック 腸内フローラ移植
私が変わる1,000兆個の大革命! ダイエット・痩身・美肌・お通じ・体質改善

腸内フローラとは

レティシアクリニック 腸内フローラ

腸内フローラとは、腸内に生息する約1000種類、1000兆個以上の細菌のことです。
その膨大な数の腸内細菌が共生しながら美しく宿る様子を「お花畑(=フローラ)」に例えて腸内フローラと呼んでいます。

その様相は人それぞれに異なっており、食生活、生活習慣、年齢、ストレスなど様々なことより影響を受けています。それにより、腸内細菌のバランスが崩れたりします。近年の研究により、腸内環境を改善させることは免疫力を強化させるだけでなく、乱れた免疫系を調整し、腸内細菌移植は、従来有効な治療方針の無かった潰瘍性大腸炎やアトピーなどの難病を始め、がん、糖尿病、脳疾患、うつ、認知症予防、老化など長寿社会の健康維持に大きく貢献することがわかって来ています。

腸内細菌には、善玉菌、悪玉菌、日和見菌があり、乳酸菌食品を食べたり、食生活を変えたりすることが良いとテレビなどで言われていますが、実際はあまり効果が認められていないことが実情です。ドナーの腸内細菌を腸内に移植して腸内細菌の種類、構成をより良いものへ変えてしまう先端医療技術が腸内フローラ移植です。

主に小腸、大腸に生息していて、それぞれの細菌が腸内環境のバランスをとっています。
約1000種類の細菌は、その働きによって「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」の3つに分類されます。

理想的な腸内環境

 善玉菌

ビフィズス菌、乳酸菌など 腸の動きを活発にしてお腹の調子を整えたり、病気に対する抵抗力を高めたり、身体に良い影響を与える細菌です。

悪玉菌

ブドウ球菌、ウェルシュ菌、大腸菌(有毒株)など腸内で様々な有害な物質を産生して、病気の原因を作ります。ガンの原因にもなります。

 日和見菌

バクテロイデス、ユウバクテリウム、連鎖球菌など善玉菌と悪玉菌の、優勢な方の味方をします。


細菌の種類や数は人によって異なり、生活環境の影響を受けて変化します。
食生活、生活習慣、加齢、外部からのストレスなどによって悪玉菌が増えると、日和見菌も有害な物質を作り始めて、健康に様々な悪影響を与えます。
健康の維持には腸内フローラの環境を整えることがとても重要です。

腸内フローラで体質改善

レティシアクリニック 腸内フローラ

腸内細菌は食物からの栄養吸収に関係しています。
本来、人の腸内フローラは食べたものをできるだけ効率良く吸収するように変化していきます。
たくさん食べ過ぎると、消費されなかったエネルギーは脂肪として蓄えられます。

ですが、食べるとすぐに太ってしまう人、たくさん食べても太らない人がいます。なぜこのような違いが出るかというと、腸内フローラが大きく関係しています。

レティシアクリニック 腸内フローラ

様々な腸内細菌の中には太りやすくなる働きをするもの、痩せやすくなる働きをするものなどが存在します。
消化されにくい食物繊維なども、エネルギーに変えて吸収する働きを持つ「デブ菌」が多い人は太りやすく、脂肪の吸収を抑えながら燃焼させる効果を持つ短鎖脂肪酸を作る「痩せ菌」が多い人は痩せやすくなります。

腸内フローラは、食生活、生活習慣などによって変化するので、「デブ菌」のエネルギーになる脂質や糖質を多く摂取する人は「デブ菌」が増え、「痩せ菌」のエネルギーになる食物繊維やオリゴ糖を多く摂取する人は「痩せ菌」が増えていきます。
太った人が食事制限を続けて減量した結果、腸内フローラは太りやすい環境から痩せやすい環境に変化したという研究データがあります。
ですが、実際に食事制限や運動などで腸内フローラの環境を変えるには、長い時間と大変な努力が必要です。

レティシアクリニック 腸内フローラ

短期間での体質変化

腸内フローラ移植は約1000万人ものドナーの中から厳選して採取した、健康でバランスの整った最適の腸内フローラを胃カメラを使い小腸へ移植する施術です。

食生活や生活習慣などで変化する腸内環境を、直接腸内細菌を入れることでごく短期間で改善することができます。
太りやすい腸内フローラを持った人が痩せやすい腸内フローラを移植することで、同じ食生活をしていても、これまでは消化されエネルギーとして蓄えられていた食物繊維が、痩せやすくなる腸内細菌が活動するエネルギーとして使われ始めることで、太りにくく痩せやすい体質に変化します。
積極的に食生活や生活習慣を改善すると、更に効果は大きくなります。

1
2
3

腸内フローラの様々な効果

腸内フローラ移植の効果は痩せるだけではありません。
身体の免疫にかかわる細胞の80%は腸内細菌の働きによって産生されています。

免疫力が高くなることで様々な病気の予防とともに、肌荒れ、アレルギー疾患などにも効果が期待できます。従来は精神疾患と考えられていた自閉症うつなども、腸内フローラ移植によって改善か見られます。

また、加齢とともに腸の活動が衰えて腸内フローラも悪玉菌が増加しやすくなります。腸は生命を維持するためのエネルギーを吸収し、腸内細菌によって体の形成に必要な様々な物質を産生しています。いつまでも健康的な若さを維持するためには腸内環境を整えることが重要です。

腸内フローラの種類

腸内細菌の種類は約1000種類以上と言われており、それぞれの細菌の働きについて研究が進んでいます。
トップアスリートの腸内フローラを調べると、善玉菌の割合が高く一般の人からはほとんど見つからない腸内細菌も多く見られます。
激しい運動による筋肉へのダメージやケガなど、体の修復に腸内細菌が大きく関係しています。

自閉症や認知症の患者さんの腸内フローラは健常者よりも細菌の種類が少ないこと分かっています。
細菌の種類が減ることで、細菌によって作られる物質の種類も少なくなり、脳や体の機能を働かせるのに必要な物質が足りなくなるからだと考えられています。
細菌の種類を増やすということは、より多くの種類の物質を産生するということになります。
腸内フローラ移植で様々な善玉菌を取り入れることで、根本的な部分で体質を改善することができます。
善玉菌が活発になると、日和見菌も体に良い物質を産生し始めるので、腸内バランスを整えることはとても大切です。

こんな方にオススメ

  • 便秘や下痢状態が続いて困っている
  • 慢性疲労体質を改善して元気になりたい
  • 冷え性を改善したい
  • 根本的に痩せたい
  • お肌のコンディションが悪く吹き出物ができる
  • ストレス性の不調で眠れない
  • すぐに風邪をひいたり体調を崩しやすい
  • 太りやすい
  • 慢性的に疲労感を感じる
  • いつまでも健康的で若々しくいたい

腸内フローラ移植の流れ

カウンセリング    
現在の状態やお悩みを専門の医師がお伺いします。
施術
腸内フローラ移植は胃カメラを鼻または口から小腸の入り口まで挿入してカメラの管を通して腸内フローラを注入します。鼻の麻酔と、肩から胃の動きを抑える薬を注射してから施術しますので痛みはほとんどありません。施術は15分程度で終了します。

胃カメラが不安な方は静脈麻酔で眠った状態で施術を受けることもできます。
検診
施術後1ヵ月、3~6ヵ月で検診を行います。経過や状態を診て、必要に応じて追加移植を行うことがあります。

腸内フローラで免疫活性化

加齢と共にカラダの衰えが表に出てきます。内臓の働きも衰え、風邪をすぐ引いたりが、腸の働きが鈍くなり便秘になったり、大腸がんの発生率も高くなります。

「第二の脳」と言われている腸は、本人の意志とは関わりなく神経細胞があります。また、免疫を司る機能が約80%あると言われています。

腸が正常でないと、各臓器への指示が円滑に行われず各機能が低下し、物忘れ、痴呆症、風邪などの感染症の遅延などの老化現象も深刻化してきます。腸内フローラ移植を行い、健全な腸内環境を整えることにより老化現象を遅らせることができます。

レティシアクリニック 腸内フローラ

施術詳細&注意事項

施術時間前処置 約10分  施術時間 約3分~5分
施術方法「胃カメラ方式」
安全性、確実性に優れ危険が少ない
1回の施術で100%注入が完了
飲酒術前 1週間・術後 2週間は禁酒
食事油物や極度の炭水化物の摂取を控えて、出来るだけ食物繊維を摂取する

腸内フローラ移植 料金表

初診料¥2,000
再診料¥1,000
腸内フローラ移植 1回¥1,000,000
腸内フローラ追加移植 1回¥900,000
6ヵ月以内の追加移植 1回¥500,000
2年以内の追加移植
(6ヵ月以上経過した場合)
¥700,000

*表示価格は全て税抜です。

お客様に最適な施術をご提案いたします。

お悩みをお聞かせください。
お客様おひとりおひとりに合わせたご提案をいたします。