【保湿クリーム】BNLSエンビオスクリーム-BNLS Envious Cream

¥9,900 (税込)

【美容医療】脂肪溶解注射で人気の 【BNLSブランド】から保湿クリーム

ダメージを受けた肌を再生させるには?
PDRN ® およびペプチド成分配合 保湿クリーム

  1. 皮膚弾力
    コラーゲンの安定的な生成を促進し、ハリやツヤのあるふっくらとした肌にします
  2. 保湿力
    高い保水力をもつヒアルロン酸と植物成分のツボクサエキスがしっとりとした艶やかな肌に導きます
  3. 鎮静作用
    有害な外部刺激から肌を守り、免疫力の活性化、バランス調節により肌を鎮静します
  4. バリア機能
    セラミド産生を促進し、バリア機能を強化することで肌トラブルを低減します
  5. 美白効果
    ナイアシンアミドが、メラニンの産生を抑制し、色素沈着を予防、改善します
  6. しわ改善
    PDRN、ペプチド、アデノシンが多角的にしわに働きかけ、肌の再生を促します

 

在庫あり

カテゴリー:

説明

◇ ブルーライトが肌に与える影響

1.回復力低下
ブルーライトは紫外線の中でもUV-Aの波長に近く、UV-Aのようにお肌のハリ・弾力を担うコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを生成する真皮層にまで到達します。そのためダメージを受けると、コラーゲンやエラスチンなどの産生能が低下し、ハリや弾力を失いシワやたるみの原因になります。目周りなど皮膚が薄い部分は、特に紫外線の悪影響を受けやすい部分なので、ブルーライトの暴露は血行の悪化・皮膚弾力の喪失につながりやすく、小じわや乾燥などの原因になります。また脳は視覚伝達を介して夜ではなく昼だと錯覚してしまい、睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌を阻害します。睡眠-覚醒サイクルが崩れると、良質な睡眠がとれなくなり、シミ・くすみの原因、さらには皮膚再生力や回復力の低下へとつながります。

<メラトニンとは>
アンチエイジングホルモン。メラトニンには睡眠と覚醒の周期を司るだけではなく強力な抗酸化作用や免疫力を高める働きがありさらに脂質やがんに対する効果も注目されています。コラーゲンやヒアルロン酸の安定産生に関係(肌の弾力・保水力・ハリ・しわ予防)

長時間のブルーライト暴露<メラトニン分泌阻害> → 肌乾燥<肌バリア機能低下皮膚弾力の喪失>メラトニンの分泌量は加齢とともに減ることが分かっています。自律神経の働きと同様に、夜更かしや不規則な現代風の生活習慣は、メラトニンの分泌をさらに減らす要因になります。ブルーライトは紫外線(UV-A)に最も近い波長なので、UV-Aと同様に皮膚を透過します。光老化を招くため、持続的に浴びると、表皮層を刺激してメラニン生成を促進させます。その結果、シミ、くすみなどの色素沈着によりお肌のトーンが暗い印象になってしまいます。

 

2.色素沈着
ブルーライトは紫外線(UV-A)に最も近い波長なので、UV-Aと同様に皮膚を透過します。光老化を招くため、持続的に浴びると、表皮層を刺激してメラニン生成を促進させます。その結果、シミ、くすみなどの色素沈着によりお肌のトーンが暗い印象になってしまいます。

 

3.老化促進
ブルーライトは紫外線(UV-A)に最も近い波長なので、UV-Aと同様に真皮層にまで到達します。真皮層でお肌のハリ・弾力を担うコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などはつくられますので、深い真皮層まで到達したブルーライトは、それら物質を生成阻害し老化促進の原因となります。結果、皮膚コラーゲンが分解され、弾力が減り、しわが出来てしまいます。

 

◇ ブルーライトが肌に与える悪影響

ー ブルーライトは可視光線の中でも、紫外線に最も近い波長 ー

可視光線の波長は約400~800nm(ナノメートル)で、ブルーライトは380~500nm、紫外線は400nm以下の波長を持ちます。ブルーライトは紫外線(UV-A)にもっとも近い波長で肌の深い部分まで浸透します。

 

 

◇ 5 つの特別成分( c-PDRN ® ペプチド + ヒアルロン酸 + セラミド + ツボクサエキス)

  1. PDRN ® (ポリデオキシリボヌクレオチド
    ヒトDNA に類似したサケ由来の DNA から抽出精製した成分。高い皮膚再生力があり、海外では傷跡や やけど、皮膚移植などの分野で 使用されています。コラーゲン生成・肌弾力アップ・小じわ対策・美白等に効果がある 機能性化粧品成分 として海外では認知度が高く 国内でも需要が高まっています。特に、コラーゲン生成 はダメージを受けた皮膚組織の根本的な再生修復に欠か すことはできません 。若々しい 健康で輝く肌を取り戻します。
  2. Peptide (ペプチド)
    健康で美しい肌を維持するのに不可欠なタンパク質構成物質で、新陳代謝促進や再生修復促進に役立ちます。また皮膚細胞の代謝活性に必要な栄養素を運ぶ役割もあります。ペプチド配合化粧品には、しわ改善、アンチエイジング、肌弾力、 ハ リ・ ツヤ、美白などの効果が期待できます。
  3. Hyaluronic Acid ( ヒアルロン酸)
    ヒアルロン酸は天然保湿因子で質量の600 倍の保水力があります。高い保水力で経表皮水分蒸発や肌乾燥を防ぎます。
    また紫外線など の外的 刺激 から肌をコーティングして保護します。皮膚真皮にあるコラーゲンやエラスチンと結合し高い保湿効果を発揮することでしわやへこみを改善し、 ふっくらと ハリ弾力のある肌を維持できます。
  4. Ceramide (セラミド成分)
    セラミドは肌バリア機能に最も関係の深い成分です。皮膚角質層では何層もの角質細胞が重なっており 、細胞同士の隙間を 満たし 細胞同士や水分をつなぎとめているのがセラミド成分です。セラミドで満たされた肌はバリア機能が高く外部刺激による肌荒れ・乾燥・ 経表皮水分蒸発 しにくい 状態です。肌表面も潤ってキメが整います。
  5. Centella asiatica ( ツボクサエキス)
    植物のツボクサから抽出した成分で、炎症抑制・美白・肌修復効果 があります。メラニン生成 と関係 する 炎症反応を抑制します。また、抗酸化作用があるので 「炎症後の色素沈着」を抑制します。通常であれば、有害物質や 紫外線などの外的刺激を受けると活性化するセラミド 分解反応 を 抑 え、 コラーゲン 生成を 促進する効果もあります。内側から角質層のバリア機能を修復し 肌の保水力を高めて肌全体にハリを 与え、メラニンを排泄しやすくする肌状態に整える作用があります。

 

◇ ご使用方法

洗顔後、お使いの基礎化粧品でお肌を整えたあと適量(パール粒程度)手に取り、 顔全体 にのばします。重点的にケアが必要な場合はその部分に追加塗布します。