こだわりの鼻の手術

鼻の低い方のコンプレックスは鼻だけでなく、目元の印象まで悪くしていてその悩みの深さは相当たるもので、隆鼻などの鼻の悩みを相談に来られる方々は自分の理想とするモデルさんや芸能人の方の画像を持っていらっしゃるものです。付け鼻のように、理想の方の鼻をお客様に付けると意外や似合わないこともあります。鼻はただ高くすれば良いものでなく、その太さ細さ、長さ、鼻先の形状、眉間に至るカーブ、また目、唇、顎、頬骨のカーブなどにバランス良く整える、いわば整鼻なのです。隆美、美しさを盛る、そんなイメージの治療です。

1.ヒアルロン酸、レディエッセ

注入による隆鼻術は、手術よりも手軽に鼻を高くすることができます。眉間、鼻根部、鼻背部に注入を行います。
好みの鼻のプロフィールに合わせ治療することが出来ます。ヒアルロン酸はジュビダームシリーズのボリューマや世界一硬いヒアルロン酸であるクレヴィエル日本原料のダイヤモンドフィールなどご用意がございます。ご本人のご要望、実際の鼻の形などでお決めいただけます。

2.手術での隆鼻術

 ゴアテックス シリコンインプラント

プロテーゼや軟骨を用いた方法です。高さが永続的に持続します。好みの鼻のプロフィールに合わせ治療することが出来ます。

ソフトシリコンと鼻尖縮小、耳の軟骨を鼻先に載せる治療をしています。

ソフトシリコンによる隆鼻と鼻尖形成により、自然な鼻の出来上がりです。

A材質

 ①シリコンプロテーゼの特徴

シリコンは生体にとって安全な物質です。シリコン樹脂は生体反応の少ない人工埋入補填材料として半世紀の歴史があります。
体にいれると周囲に被膜が形成されます。経年変化で石灰化することがあります。基本的には10年は耐久性のある素材が使われているものですが、ここ最近で取り扱われるようになったソフトシリコンは100年劣化をしない素材と言われています。昔の消しゴムのような素材のものは使われていないと思いますが、心配な方は専門医の診察診断をお受けになるようにされてくださいませ。

 ②ゴアテックスプロテーゼの特徴

ゴアテックスは生体にとって安全な物質です。体にいれても周囲に被膜が形成されないといわれています。心臓の先天的な異常に対する治療に用いられることもあり、安全性の高い素材です。
生体と弱いですが癒着を起こし、生体との適合性が高いです。ゴアテックスは長期的な経過観察を必要とします。治療の後、数年を経過してからも時折医師の診察診断ををお受けになっていただきたいと思います。

B形

 L型プロテーゼの特徴

 メリット
  • プロテーゼにより鼻根部から鼻先まで高くすることができる。
 デメリット
  • 露出、感染の可能性がI型プロテーゼと比較するとやや高い。
  • 鼻先の皮膚が薄くなりやすい。
  • 鼻先が上を向いた形になりやすい。

 I型プロテーゼの特徴

 メリット
  • 鼻根部から鼻背の高さを高くできる。
  • 被膜硬縮しにくく、変形リスクが低い。
 デメリット
  • 高くすることでL型同様の合併症はありうるが、困った合併症が少ない。

症例

Case1

鼻翼の張り出しを直し、鼻先を細くして高さを出しています。


 Case2

いわゆる鼻尖縮小術です。鼻先が高さを得て美しくなります。細さはご要望で形成します


 Case3

他クリニックで受けたL型プロテーゼの修正術です。鼻尖の皮膚の薄さを自己組織で保護しています。


 Case4

どうしてもインプラントを入れたくない方には耳の軟骨を使って鼻先をアップノーズに向けるなども承っています。


 Case5

ソフトシリコン隆鼻と耳の軟骨を使って、中隔延長をしています。


 Case6

中隔延長は鼻先を下に伸ばすだけでなく、斜め前に出すこともできます。


 Case7

鼻尖の前向き、下向きの延長術。耳の軟骨を使っています。


 Case8

鼻先の細さや高さを出すだけでも、印象は変わってきます。


 Case9

他クリニックでの耳介軟骨移植の修復治療。真皮を使った鼻先皮膚の保護をしています。


 Case10

鼻尖の縮小と鼻翼の形成をバランス良く行います。


 Case11

鼻中隔延長術。鼻柱の内側が見えるようになりました。


 Case12

鼻尖を細くすることと鼻先に耳の軟骨を移植して高さを出しています。


 Case13

ソフトシリコン隆鼻と耳の軟骨で鼻先を尖らせています。


 Case14

ソフトシリコン隆鼻と鼻先の細さを実現します。


お客様に最適な施術をご提案いたします。

お悩みをお聞かせください。
お客様おひとりおひとりに合わせたご提案をいたします。