目の下のたるみが多い人は切る?切らない?

目の下のたるみが多い場合は切る治療になるのでしょうか?
特に脂肪が多い場合はどうなんでしょうか?脂肪が多いだけに脂肪が取れれば取れるほどにたるみって沢山でるから、みっともなくなるのではないでしょうか?
切る切らないの判断は勿論医師の診察、経験、診断のもとに決まるのですが、こと美容医療においては主役はお客様であり、その方のご事情などを加味して話し合いのもと、方針を定めている状況です。

ただ、個人的にはメスをいれることなく、まぶたの裏側からの治療と皮膚の再生を行うグロースファクターの併用がたるみを引き締め、5年前。

10年前の若い皮膚に戻してくれるケースが有ることを経験していて、それを実践していると訴えたいのです。切らずに綺麗にしたいと思い立ってこの治療を17年に渡り続けていると、奇跡的にたるみがなくなることがあったわけです。

脂肪注入を初めて併用した時の感動もそうでした。そこからハムラ法を行った時のたるみの消え方など、本当に感動した経験がございます。

しかし、脂肪注入による治療の負担の大きさ、ハムラ法の術後1ヶ月に渡って涙が止まらないようなドライアイ症状や結膜炎の状況などを見ると最適な方法とは未だに言えないと思っていまして。注射薬であるグロースファクターの併用はまさに夢のような出来事でした。

腫れや困った諸症状はホント今まであった方法よりも極少ないもので、皮膚の再生はとても成績が良い。こうなると、昔の方法には戻れない、なんて思ったものでした。
 
教科書的にはたるみが多ければ、その分切り取るのが正解。
しかし、美容医療は進歩しています。伸びた皮膚も縮ませる事が可能ですし、なくなった皮膚機能をiPS細胞で回復させることも近い将来のことでしょう。

現在は皮膚の失われたエラスチンやコラーゲン量を増やすのはグロースファクターで十分に可能です。やけどなどの外傷性の皮膚の損傷はいずれiPS細胞で治療する時代が必ずやってきます。(と思います。)

症例

 左目

術前
術後1か月
1ヶ月程度の経過ですので、まだまだ皮膚は引き締まります。
※以前の症例で3ヶ月まで経過を載せたものがあったので、後述参照です。

 右目

右側はかなり皮膚の引き締まりが出来ました。
この経過を見ていただくと、この方に皮膚を切り取るたるみ取りは不要であったと思っていただけると思います。

 両目

まだまだこれから綺麗になりますよ。
ご期待くださいませ。。。

お客様に最適な施術をご提案いたします。

お悩みをお聞かせください。
お客様おひとりおひとりに合わせたご提案をいたします。