ヘパリン類似物質油性クリーム0.3%「日医工」

¥2,420 (税込)

効果・効能

皮脂欠乏症、進行性指掌角皮症、凍瘡、肥厚性瘢痕・ケロイドの治療と予防、血行障害に基づく疼痛と炎症性疾患(注射後の硬結並びに疼痛)、血栓性静脈炎(痔核を含む)、外傷(打撲、捻挫、挫傷)後の腫脹・血腫・腱鞘炎・筋肉痛・関節炎、筋性斜頸(乳児期)

 

 

 

 

在庫切れ

カテゴリー:

説明

用法・容量

通常、1日1〜数回適量を患部に塗擦又はガーゼ等にのばして貼付する。

使用上の注意

*副作用

↓下記のような症状があらわれた場合には、使用を中止するなど適切な処置を行うこと。
過敏症皮膚刺激感、皮膚炎、そう痒、発赤、発疹、潮紅等)
皮膚(投与部位) (紫斑)

*妊婦、産婦、授乳婦等への投与

*妊娠中の投与に関する安全性は確立していない。

*投与部位

 ・潰瘍、びらん面への直接塗擦を避けること。
 ・眼には使用しないこと。

禁忌(次の患者には使用しないこと)

・出血性血液疾患(血友病、血小板減少症、紫斑病等)のある方[血液凝固抑制作用を有し、出血を助長するおそれがある]
・僅少な出血でも重大な結果を来すことが予想される方[血液凝固抑制作用を有し、出血を助長するおそれがある]