まぶたの開きが悪くて、目つきが悪いと言われます。

生まれつき目つきが悪いなど言われております。
眼科にかかった際には病気ではないと説明を受けました。眉毛を釣り上げてまぶたを開ける癖が付いて、額にはシワが深く刻まれています。最近は片頭痛もあります。

病的な眼瞼下垂でなくとも、目つきが悪い、額のシワ、片頭痛などを埋没の二重術で改善する治療を行っております。ミューラー筋タッキング法という埋没法での治療です。向き不向きは実際の診察で判断いたします。

症例

 両目
Before
二重の形だけで治療する方もいますが、お悩みが実際の生活を苦しめていることもございます。

そんな時に切開を伴う負担の大きい施術でなく埋没法で治療できることがございます。
 
after
まぶたの開きを良くすると二重幅は狭めになります。

黒目の見え方が優先になってしまいます。
二重幅を広くするとどうしても眠そうなイメージが残ってしまいます。
 左目
before
皮膚の近くの脂肪(皮下肪)とROOFと呼ばれる瞼板近傍の脂肪を除去しています。

そして、ミューラー筋というまぶたを開く補助筋を縫い縮めています。
after
結構綺麗に瞳が描出されたと思います。

睫毛の生え際が綺麗にアーチを描いています。
 右目
黒目の見え方は半月から
かなり見えるようになります。
美しくなっていただけました。
 
まぶたの開きが良くなると、額のシワや片頭痛まで良くなることがございます。ご相談ください。

お客様に最適な施術をご提案いたします。

お悩みをお聞かせください。
お客様おひとりおひとりに合わせたご提案をいたします。