東京銀座のレティシアクリニック 眼瞼下垂(切開法)

眼瞼下垂(切開法)とは

上まぶたの皮膚を切開し、上まぶたの開きをよくする施術です。

眼瞼下垂は、先天性、コンタクト、加齢等、様々な理由で上まぶたが開けづらくなることをい います。上まぶたの開けづらさを治療によって開けやすくすることを目的とします。

まぶたの脂肪やたるみの多い方で埋没法で対応できない方や永久的な二重を求める方などに適した二重術です。半永久的に二重が続きます。

眼瞼下垂(切開法)がおすすめな方

  • 腫れぼったいまぶたを解消したい方
  • たるんだ一重まぶたを二重にしたい方
  • 二重のりでまぶたがかぶれてしまう方

施術の流れ

受付
診察申込書、問診票などのご記入
カウンセリング
状態を確認させていただき、お客様に最適なご提案を致します
洗顔
施術の前にパウダールームにて洗顔をお願い致します
施術(時間)
約60分。状態や施術の組み合わせ等によって施術時間が異なる場合もございます 。

眼瞼下垂(切開法) 詳細&注意事項

施術時間約60分
副作用・リスク腫れ(個人差にもよりますが、5日~1週間で落ち着いてきます。更に自然に仕上がるのに、2~3週間か かります。2~3日間は痛み熱感が出る場合もありますが、ご心配ありません。 )

内出血
(人により内出血のため赤紫色になることがありますが、お化粧で隠せる程度で、約1~2週間で取 れますのでご安心ください。)

傷跡
(1ヵ月位は赤みがありますが、2~3ヵ月位かけて細い白い線になり、目立たなくなります。)

左右差
(オーダーメイドで治療中に、開き具合を調整していきますので、若干の左右差は出てきます。 もし気になるようでしたら再度診察に来てください。)
メイク・洗顔目元の洗顔は3日後から可
メイクは抜糸の翌日から可
洗髪翌日から可(傷口をこすらないように注意)
入浴抜糸後から可
シャワー当日から可
その他注意事項・抜糸後も傷口が開きやすいので強い力でさわらないように注意してください。

・強い力でのマッサージは1ヵ月間お控えください。

・コンタクトレンズのご使用は翌日からになります。

・抜糸後かさぶたがが取れると糸が稀に残っていることがありますが、その場合はご面倒ですが、再度抜糸にいらしてください。

・本日は、本やテレビを見ずにゆっくりお休みください。 また、痛みや熱感があるようでしたら、傷を濡らさないように冷やしてください。(1日位)

・抗生物質、痛み止めをお出ししております。服用により何か異常があれば服用を中止してください。

よくある質問

腫れはどの位でおさまりますか?

個人差はありますが、 個人差にもよりますが、5日~1週間で落ち着いてきます。
より自然な感じになるのは2~3週間かかります。

内出血はありますか?

個人差はありますが、 赤紫色になることがあります。お化粧で隠せる程度です。
約1~2週間でおちつきます。

傷は目立ちますか?

1ヵ月位は赤みがありますが、2~3ヵ月位かけて細い白い線になり、目立たなくなります。

左右差はありますか?

元々の骨格、目の形により、自然な範囲での左右差は生じることがあります。

お客様に最適な施術をご提案いたします。

お悩みをお聞かせください。
お客様おひとりおひとりに合わせたご提案をいたします。